GreenAppleまとめ

ネット広告は「虐待の被害者」すらターゲットにする恐れがある

広告を広告枠に割り当てるプロセスにおいて個人データが不当に扱われ、ユーザーの行動や属性などが筒抜けになっている──。そんな議論が欧州で活発になっている。2018年5月に施行された一般データ保護規則(GDPR)に違反するとした訴訟も起こされるなど、改めて問題視されるようになってきた。