GreenAppleまとめ

英語力のものさし「CEFR」の可能性とリスク (日本語を活用した英会話習得法)

最近、英語教育では、CEFRという英語力判定基準が注目を浴びています。これは、もともとはEUがその圏内の就学、就労、経済活動、文化交流などを促進するために作り上げた基準で、現在のところ40言語前後に対応するものが作られています。