GreenAppleまとめ

リアリティをリメイクする男:WIRED ICONが選ぶ「次」の先駆者たち(3)

『WIRED』US版が1993年に創刊されてから25年。その時代を築いた象徴(ICON)たる先駆者たちは、これからの時代をどんな人々が担うと考えているのか。WIRED ICONが次世代を担う人々を紹介する短期連載の第3弾は、ピーター・ティールが出資したOculusやAndurilの創業者であるパーマー・ラッキー。Oculusをフェイスブックに売却後、彼はどんな未来を思い描いているのか。『WIRED』US版編集長のニコラス・トンプソンが訊いた。