GreenAppleまとめ

ケヴィン・ケリーが見た、「ボトムの台頭」という時代:アフター『WIRED』の25年(2)1998-2003

『WIRED』日本版VOL.31の発売が11月13日に決まった。リブート号であり、US版創刊25周年を記念した特大号でもあるVOL.31では、過去25年を5年ずつに区切り、その時代ごとの大きなテーマについての歴代『WIRED』編集メンバーたちのエッセイを掲載する。第2回は、創刊時のエグゼクティヴエディターであるケヴィン・ケリー。インターネットの急速な浸透によって人々がビットの世界へと大挙して押し寄せた「ボトムの台頭」という時代を、彼はどう見たのか。