GreenAppleまとめ

目が見えなくても宇宙は“体験”できる──視覚障害のある子どもたちの「スペースキャンプ」

視覚障害のある子どもたちを対象にした宇宙体験学習が、米国で30年近く前から開催されている。その「スペースキャンプ」は宇宙飛行士訓練や航空訓練などが中心で、どれも基本的に目が見える人向けと変わらない。だが、写真家が「宇宙への夢」をテーマに撮影した訓練の様子からは、子どもたちの宇宙に対する情熱や願望、愛が伝わってくる。